OBIS の使用方法

Last updated on 日, 2010-10-03 18:32. Originally submitted by efujioka on 2010-09-21 01:13.

OBIS は、膨大なデータセットのポータルとしての役割を担い、、海洋生物がいつどこで記録されたかを調べることができます。全てのデータセットは統合されており、それらを一元的に、動植物名や分類学上の上位のグループ、地域や記録時期、震度などの海洋データによって検索することができます。検索結果はマップ上に表示できます。関連する海洋データを調べることができます。

OBIS は様々な利用者に役立っています。研究者、漁業関係者、政策立案者、教師、ナチュラリスト、環境関連 NGO、コンサルタント、自然保護団体、そして学生が OBIS を利用しています。

OBIS is a project of:
IOC-UNESCO
IODE Sponsored by:
Martin International and Les Grands Explorateurs
With in-kind support from:
Marine Geospatial Ecology Lab, Duke University
Universidad Simón Bolívar Flanders Marine Institute

OBIS は海洋生物の多様性、分布、生息数の記録に取り組んでいます。 OBIS は Census of Marine Life(海洋生物センサス)のプロジェクトとして発足し、現在はユネスコの Intergovernmental Oceanographic Commission (IOC) のプログラム International Oceanographic Data and Information Exchange (IODE) に組み込まれています。